谷中、幸田露伴の「五重塔」でベーゴマ・ビー玉遊び

1pt   2020-06-30 05:09
gooブログ 新着記事

技量は抜群だが世渡りが下手の大工「のっそり十兵衛」は、江戸・谷中の感応寺に五重塔を建立を十兵衛の親方・源太が仕事を引き受ける。 十兵衛は、名を残す好機と考え「ぜひ私の手で」と住職に懇願。 源太は二人で協同でと申し出たが、源太が辞退したのを受け独力で始める。 十兵衛の忘恩を憎んだ源太の弟子たちに襲われ片耳を失うが、それでも仕事まず続け五重塔は立派に完成する。 落成式の前夜、大暴風に襲われるが、十兵衛は自らの技を信じて動揺しない。が、最後は「塔の倒れるときが自分の死ぬとき」と心...
   ニュースや出来事トップページへ
ニュースや出来事の話題が沢山。