【ラジオ】ナイナイ、上島竜兵さん訃報に絶句 思い出トークで「どうぞどうぞ」誕生秘話明かす

15pt   2022-05-13 20:30
腹筋崩壊ニュース

 お笑いコンビ・ナインティナインが、12日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に出演。11日に亡くなったお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)を追悼した。


 冒頭で、岡村隆史が「ちょっと残念なニュースといいますか、悲しいニュースが入ってきまして。びっくりしました。えっていう。この間、お仕事をしたところやったんです。楽屋に来てくれはって『岡村くんおめでとう』と。子ども生まれたっていうことでお祝いもいただいて。その時もすごく楽しい収録で、いつも通り、上島さんっぽい感じで。残念ですよね。年末にも絡ませてもらったじゃないですか。大みそかのやつで。最後に、上島さんからあいさつお願いしますって言われた時に『最高の年またぎになったよ』って。らしさ全開のあいさつがあったんですけど。我々、若い頃からお世話になってきましたから」とコメント。


 矢部浩之が「『お笑いウルトラクイズ』、我々が何もわからない時期で…」と切り出すと、岡村は「前に出ていけない時に『前に出ていいんだよ』って言ってくれて。やさしかったよね」としみじみ。矢部が「上島さん、出川さんは、その時のオレらからしたら輝いて見えた。誰が一番笑っているって、たけしさんなんよね」と振り返った。


 また、岡村は「オレらは、奇跡的にギャグが生まれる瞬間に立ち会って。『どうぞどうぞ』っていうギャグ。『ナイナイナ』のロケの時に、たまたま、バンジージャンプをやる時に生まれたのよ。その瞬間に立ち会っていたのよ。すごかったよね」と回顧。「いろいろやってもらったし。特にオレなんか、志村さんと飲みに行かせてもらうこともあったから、上島さんもいてくれはって。笑いの話。まだまだ見てみたいなっていう思いはあったんですけどね」と呼びかけた。


 矢部が「ホンマに絶句ですよ」と率直な思いを打ち明けると、岡村は「どういうあれか、わからないですけど、まだまだおでん芸とかも見たかったですし、そういうのもやってほしかったなと。ちょっと残念ですよね。ラジオでこういうことを言わないといけないのは残念です」としのんだ。その後も、2人で時折笑いも交えながら、上島さんの人柄が伝わる思い出トークを行った。


 ダチョウ倶楽部の十八番ギャグのひとつ「どうぞどうぞ」は、かつて放送されていたテレビ朝日系『ナイナイナ』の中で誕生。バンジージャンプを嫌がった上島を見て、肥後克広と寺門ジモン「じゃあ、オレがやるよ」と切り出し、上島さんが「じゃあ、オレがやるよ」と話したところから生まれたものだった。


 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。


 上島さんは1961年1月20日生まれ。兵庫県出身。高校卒業後、俳優を志し上京。その後、お笑い芸人の道に進み、85年にダチョウ倶楽部を結成した。肥後克広・寺門ジモンとともにバラエティー番組で活躍し、「聞いてないよォ」(93年の流行語大賞大衆部門・銀賞)「ヤー!」「ムッシュムラムラ」などのギャグで人気を博した。


 また「絶対に押すなよ!」と言いつつも熱湯風呂に落とされるギャグのほか、帽子を回転させてかぶり直す「くるりんぱ!」、互いに怒りながら次第に近づいてキスをするギャグなど、幅広い世代に親しまれた。


オリコン


https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9b8fe6da863e26ab4fb7118c24d32dbb8f1d11
   ニュースや出来事トップページへ
ニュースや出来事の話題が沢山。